結婚は完璧ではなく出来る限りを目指して

結婚を意識するような年齢になってくると、今までのように親の庇護の下で守られているわけにはいきません。
結婚は相手があることですから、相手に気持ちが伝わらないこともあり、壁を感じることもあるかもしれません。
しかし、だからといって落ち込んだり、悩んだりする必要はなく、なぜならそれは大人になりつつある証だからです。
二人の人生に夢や希望を描くとき、見えない先のことだから不安など皆無といえる人のほうが珍しく、もし気分が落ち込んでいてもそれは特別なことではありません。
困難にぶつかると自分だけが悲劇の主人公のように考えがちですが周囲を見れば、壁を乗り越えたり、上手に避けて生きている大人は多く、一見幸せそうに見える人も同じです。
目標を完璧から出来る限りに変更するだけでも気持ちは楽になります。
相手と考えが食い違ったときは自分と相手の主語を置き換えてみれば心がやさしくなれます。
結婚を決意するに至った二人の間には解決できないほどの深刻な事柄は稀ですから、どんなことがあっても乗り越えていくことは可能です。