結婚スタイルの多様性が少子化改善に繋がる

フランスでは、結婚をせずに子供を作る女性の数が増えています。
いわゆる事実婚が多くなっていて、正式に結婚をすることに多くの人がこだわってはいないのです。
フランスが少子化の改善を達成したのには、こうした背景があったのですね。
日本ではまだこうしたフレキシブルなライフスタイルというのは、認められていません。
結婚をせずに子供を産むというのは、世間体的にも問題がわるわけです。
こうした世間の目を変化させていかない限りは、少子化改善は難しいかもしれません。
日本の少子化は、年金の問題や労働力の問題と密接に繋がっているので、まず何を置いても最優先に解決を目指さなければいけないものです。
しかし、こうした世間の目があるがために大胆な改革ができずにいます。
まずは少子化問題の深刻さを、世間がしっかりと認識しなければ、問題解決も難しいのではないでしょうか。
現状の深刻さを理解し、それぞれの人に最適なライフスタイルがあるのだと認識することが重要でしょう。